女性ホルモンが少ない人は太る!

女性ホルモンが少ないと太るという原因についてですが、
なんといっても女性らしいボディラインを保つには、
女性ホルモンが必要ということが関係しています。

女性ホルモンが少なくなるということで、
その女性らしいボディラインが崩れてしまうんです。

〇女性ホルモンが少ないと太る原因とは

女性ホルモンが少ないと太る原因について、
更年期になると女性ホルモンは少なくなってしまいます。

女性ホルモンの減少がいろいろな体調不良を引き起こすことが
原因となって体の中が変わってきます。

体内脂肪なのですが、男性と比較すると女性の方が
脂肪が多いという特徴があるのですが、レプチンという
満腹ホルモンが減少して、空腹ホルモンのグレリンが増加して
食欲が出て来ます。

レプチンの作用が落ちて、内臓脂肪が燃焼にくくなることがわかり、
エストロゲンは内臓脂肪を分解しますが、それが出来ず、
太ってしまうということになるんです。

実際、女性ホルモンが少なくなる更年期に大事なことは、
栄養バランスの整った食生活と適度な運動ということに
なりますね。

〇女性ホルモンが少ないと太るわけ

女性ホルモンが少ないと太る理由を考えると、
女性ホルモンは30歳をピークにしてどんどん少なくなります。

誰でも同じことなので仕方ないですが、女性ホルモンも
体のいろいろな機能と同様で衰えてしまい、減少します。

女性ホルモンのひとつのエストロゲンは痩せる効果を
持っているそうです。エストロゲンは、脂肪分解する作用があり、
生理後は痩せやすくなるんですよ。

30歳をピークに、少なくなる女性ホルモンは、
エストロゲンの分泌も少なくしてしまいます。エストロゲンは、
痩せホルモンなので、分泌が少なくなると太りやすくなります。

女性ホルモンが少ないと太る原因として、女性ホルモンにも
種類があって、プロゲステロンの時期にも太りやすくなる、
ということです。

プロゲステロンの時期は、生理のおよそ2週間前ですが、
水分などを蓄積するようになって、体にいろいろ溜め込む時期で
プロゲステロンは妊娠ホルモンと言われてしっかり作用するので
この時期は食べ過ぎないようにすることが大事なんです。

女性ホルモンが少ないと太ってしまう原因は、
女性ホルモンで異なってきますし、何よりも太る原因として
女性ホルモンのエストロゲンが大きく関わるということです。

女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうと太るので、
食生活などでエストロゲンと同様の作用を持っている
大豆イソフラボンなどを摂るようにすると良いですね。